読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012)」を観ました。

 

インドの方が主人公ということに引っ張られたのか、「スラムドッグ$ミリオネア(2008)」のことを思い浮かべました。どちらも奇妙な人生譚、どんどん引き込まれます。

 

中盤以降は、一人芝居の設定になるのですが、トラとの緊張感や、夢想的な挿話など、全く飽きさせません。

 

3D映画だったのですが、DVDでの2D鑑賞だったので、監督が狙った視覚効果をフルで体験できていないのですが、夜の海上の幻想的な描写は非常に美しかったです。

 

物語最後の保険調査員への調書のくだりで、「あれ、ほんとの話はどっちなんだろう」とぐらっと揺さぶられる感じもたまりませんでした。

 

個人的な評価:★★★★☆(4.0)